ZECROSS(KGB-VIBRANT-ETC)RCA CABLE1.0m

商品コードzecross
価格¥121,000(税込)
ポイント1
在庫 なし
数量  

ZECROSS(KGB-VIBRANT-ETC)RCA CABLE1.0m

商品説明

ZECROSS(ゼクロス)はTMDが持つ最新の技術の全てを注ぎ込み、これまでの音質次元を超えたケーブルとして完成しました。その技術とは最新のVIBRANT、少し前のKGB、そして2014年からスタートしたETC、これらを極めて高次元にMIXしています。私が思うに現在最もとんがった製品でしょう。

さて構造についてお話しします。まずGND側ですが左右で全く構造が異なります。片側のスタビライザーは2種の金属を7本重ねたものになり、一方は割合普通のスタビライザーなのです。これは最終的にGND信号はMIXされてアースに落ちるため、「左右が同じ種類のGND構造」だと信号がWってしまい、音質劣化となります。この事に気がついたのは結構、最近です。ですのでZECROSSの場合最もDEEPなETC(※ケーブルの左右の構造が異なるもの)という事になります。

そしてHOT側はどちらも2Wayですが全く異なった金属を使用しています。この中にはKGB要素である鉄線(しかもVINTAGE)も入っています。また正反対とも言える金と銀を混ぜたTMDオリジナル導体も混入させています。

またHOT側では第三世代ETC技術(内部のETC度合いを別々に設定する)も使用されています。

そして全体としては中程度の複雑さで、ある意味シンプル寄りとも言えます。こだわりの一つとしてHOT側を接続するためのハンダも左右別々の物を使用しています。これまで、ここまでETC深度を深くした物で余り成功例は無く、今回の
ZECROSSは異例と言えます。


ペンダングル。まず最初の音が出た瞬間にわかりました。パン二ングしているコントラバスの音がいつもより低い所が出ています。これがまず良かった事です。また生ギターの飛び出してくるような瞬発力、立ち上がりの良さは異例とも言えます。VOCALは声質が持つ固有音を完璧に再現しています。トライアングル・ソロはナチュラルでありながら確かな手応えを持つもの。それにしてもギターの音やコントラバス..それらが超いいです!


クラプトン「クロニクル」 2曲目
今まで聞いてきたケーブルの中でこれほどRchからの「チーッ」と言うオープンハイハットの音が立った例はありませんでした。勿論、ハモンドも良くフレーズ中の微妙な音変化もわかるのです。ボーカルは熱く、打楽器、装飾音系はバッチリ。生ギターの音はナチュラル・オーガニックな感覚。コーラスがハモる所では鳥肌が立ち大いに高揚してしまったのです。全体としてはCOOLですが、中にHOTな物が熱くあります。


メロディ・ガルドー 5曲目
これまた、これまで聞いてきた中で最も「チーン」という音が明確に聴こえました。それは「チーン」の音の周囲に気配感が出ないと表現しきれないのですが、このケーブルは見事にそれをやってくれます。またBASSの鳴りも心地よいもの。VOCALはガルドーの独特な声(ハスキーでもなくシャウト系でもない)を上手く引き出してきます。低域も出ている、低域から中低域にかけての普通ならグレーゾーンになりやすい表現もZECROSSには皆無です。その帯域での分解能は素晴らしく透明度が高いのです。普通は低音は中低音と更に低い周波数をうまく分別できないもの。ZECROSSならではの分別、解像能力です。そして今何をしているのか(音楽が)?が明確にわかるのです。オーディオの場合、気に入らない音が出だすと一気に注意散漫になってしまうので困りますが、それはありません。何かこの音を聴いていると得したような気分になってしまう自分が面白かったです。


CLAUDIO FILIPINI TRIO 2曲目、 10曲目
2曲目、これまた1発目の出音、「ブ・ブ〜ン」と鳴るウッドベースのフレーズに大変な存在感を感じる。それはこれまで経験したことが無い体験だ。オーディオではリスナーはちょっとした事で興醒めしたり興奮したりするの訳ですが、この場合ベースの存在感は興奮を誘っているのです。たかがオーディオ、されどオーディオなのだがどうせならHAPPYになりたい。パーカッションも通常よりスキン感や絶妙な間、息づかいが伝わってい来る。このようにいつもよりちょっといいと気分が乗ってくる。全ての音景が見えるのだ。正直言ってこの曲に関してはこのケーブルの音が最高だった。

10曲目、ただクリアーなだけでなく金属質がむんむんとこっちに伝わって来る。勿論シンバルのこと。リアルなシンバル群、特にライド・シンバルの堪えられない「いい音」に陶然とする。つまりライドだけ聴いていても満足してしまう...これはオーディオをやる人の特性でもある。これも低域から中低域にかけての分解能が寄与しているからに違いない。低域が変わると高域も違って聴こえるからだ。

Eiji Oue   Stravinsky 火の鳥 9曲目
のっけから低音領域での甚だしい違いを感じてしまった。また次から次と出てくるオーケストラ・パートの各フレーズの重なり具合が実に美しい。柔らかな音は柔らかく、硬い音は固く出るのだ。当たり前に思うだろうがこれはそう簡単ではない。全てが硬質な感じに陥ってしまったり、あるいは全てが軟弱朦朧とした音になったりするからオーディオは怖い。そのオーディオを面白くするのはやはりケーブルなのだ。この高度な技を何気なく披露する才能もこのZECROSSの魅力の一つでしかない。...恐ろしいケーブルだ。


===============================

ZECROSSは今後のTMDの最先端集団を走る製品となります。興味のある方はこの第1作目を購入すると、かなり得です。ZECROSSは買った人に後悔させないものです。

ZECROSS(KGB-VIBRANT-ETC)RCA CABLE1.0m

ZECROSS(KGB-VIBRANT-ETC)RCA CABLE1.0m画像
ショッピングカート
カテゴリーから探す