ステルス・スタンダードモデル一式

商品コードstealth-standard
価格¥260,000(税込)
ポイント1
在庫 なし
数量  

ステルス・スタンダードモデル一式

商品説明



Stealth Standard

ステルスは過去を蒸し返しやすいオーディオの世界に小さな風穴を開けるものです。TMDは普段ケーブルを作っているわけですが、ステルスという新ジャンルのオーディオ・グッズもラインナップに仲間入りしました。


ステルスは大小4個のユニットから構成されます。大きなBOXがBASS-UNITと呼ばれています。


このBASS-UNITと小さな箱のサテライト・ユニット(Satellite-Unit)で構成されます。
ステルスの効果

ステルスの効果はずばり音場に働きかけます。通常ステレオ装置の音場は左右一組のスピーカーから放たれる音波で形成されます。ステルスを加える事によって、その音場をより豊かに、より立体的にする事が可能なのです。この事の利益の一つはライブ感です。オーディオ再生で苦手な項目がこのライブ感です。確かにオーディオ再生では緻密な再生音は得られますが実際の生演奏で味わう事のできる濃密な現場の空気感を感じる事はできません。しかしステルスならそれが可能になります。ステルスはピエゾ・ツイーターによる超高域とエレメントが放出する音場感によりライブのような濃密な空気感が出せるのです。

ステルスに至るまで
"フィールドボール"
TMDではステルス以前、この手の先駆的取り組みとして"フィールドボール"という物を試作したのです。これは3セット程度作りました。使い方はスピーカーケーブルの一部(例えばマイナス側)を、このエレメント付きスピーカーケーブルに取り替える、もしくは並列に繋ぐ、というものです。
※実際のフィールドボールの画像(赤丸の中)T氏宅にて
この段階ではピエゾ・ツイーターはまだシステムには入っておりません。この"フィールドボール"でも十分に音場の臨場感がアップしました。


"第二段階"
"フィールドボール"で何かがこの先、生まれそうな予感がしたTMDではこれを元に使いやすい形で"フィールドボール"をカタチにできないか悩んでいるうちに、いっそ現在使っているピエゾ・ツイーターも合体させたモデルを作ろうと構想を拡大しました。

"第三段階"
ピエゾ・ツイーターの他のツイーターには無い良さは音の発音位置の認知に優れるというものです。何処で音が発音されたか?そのシグナルが脳に認知されやすくなるような働きがあるのです。音質の優劣というよりは位置感の認知、これです。
エレメントの方はフワッとした空気感の再現に役立ち、ピエゾ・ツイーターの方は音のピンポイントな定位感の表出に役立つのです。これら二つを一つに合体する事によりステルスの基本構想が固まりました。


"第四段階"
最初のうちは前方に二つ置くだけのシステムでした。しかし実験中に2個以上のステルスを使用する事でこれまでにはない非常に広い音場が生じる事が判明しました。この時よりステルスは4つのユニットを使う事に決まりました。

"現在"
そして現在は、様々なプロトモデルの試作の結果、ようやく二つのモデルに集約されました。その一つが今回ご紹介する「スタンダードモデル」です。もう一つが「デラックスモデル」です。現段階でのこの二つの差はコントロールがより細かくできる方がデラックス、調整を二つのプリセットとOFF機能にまとめた方がスタンダードとなります。音質的な差はありません。余り面倒なツマミ操作が面倒な方は「スタンダードモデル」をお薦めします。


付属品
ステルスの「スタンダードモデル」には付属品としてスピーカーケーブルが付いてきます。これは必要最低限度の物です。また取扱説明書が同梱されます。

取扱説明書の一部

音質評価




その他のステルス音質レポートに関しては下記のリンクをお読みください。






ステルス・スタンダードモデル一式

ステルス・スタンダードモデル一式画像