SG2.15W(Vibrant-ETC Cable)1.0mペア

商品コードsg2_15w
価格¥79,800(税込)
ポイント1
在庫 1 ご注文はお早めに。
数量  

SG2.15W(Vibrant-ETC Cable)1.0mペア

商品説明
このSG2.15Wの「S」はシーメンスのSです。GND側に使用される大変貴重な1.34φmmのビンテージ布巻き単線はドイツ、シーメンス社の1930年代の物です。ドイツ製の銘単線は数少なく、それも太い物は滅多に出ません。しかもシーメンスの銘柄の物は殆ど流通していません。ビブラント以降のTMDは原点帰りを余儀なくされたので使う素材の数を極力減らすことにより、その物が持つ個性の味わいを大切に生かすようになりました。SG2.15WのスタビライザーはWestern Electric製です。別にTMDは殊更WEを神格化したりはしません。その音が良ければ使うのみです。最初はスタビライザー無しで設計しましたが、やはり付けた方が良かったので搭載しました。ビブラント様式でETCなのでHOT側の線も最上の選択をしました。その中に使用されるNo2と呼ばれる細い線は、TMDを知る人ぞ知るの銘線でこれまでも様々なケーブルの中で使われてきました。ホット側の接続のみに使用するハンダは個人的に好きなイギリス製のERSINです。現在は青箱を使用しています。現在、約8〜9割はこのハンダを使用してケーブルは作られていますね。さてSG2.15Wの音質はどうだったのでしょう。




メロディ・ガルドー5&7。
5曲目、妙に立体感溢れる音とまず認識。そして細部の明瞭度が物凄く高く官能的ですらある。想像以上に低音も出て吃驚。音の精妙な細部が良く「見える」。良く見えると言う事では最上位機種達と何ら変わらない。音はピラミッドバランスであり、かつ細部の明瞭度が各帯域(低、中、高域)共に高い。ETCの拡がり感も相当に高いレベルです。
7曲目、全ての音の視界が開けているので聞く事のストレスが全く生じない。重複になるが、この事態はTMDの最上位機種と何ら変わらない。

寺島レコード/ Jazz Audio Fans only VOL.8
このケーブルはシンバルの高さ位置が他と較べて正確に描写されている。この実体感は相当な物。中域での音の混濁が少ないため非常に定位再現時の明確な表現が得られている。全ての音が重く引きずる事なく歯切れ良く、質量感を伴って表現される。中域もウエルバランスだ。一方ベースの表現はどうかと言うと、これまた表現性が高く音階、スピード、軽快感などに優れる。音場表現としては前側の音と後ろ側の音の描き分けが上手いので遠近感が良く出ていると思う


LIAM NOBLE TRIO「BRUBECK」4曲目
音の鮮やかな提示については、老練さを感じさせる手腕なのに、音そのものは若々しいというアンビバレンツなもの。言い方を変えれば落ち着きを踏まえた上での新鮮さの表現も怠らないという感じか。
セルジュ・デラート・トリオ / SWINGIN' THREE 5曲目。
中域がモタつかず低域、高域がしっかりとセパレートされて出てくるため帯域別のセパレーションが見事に良い。加えてBASSの鳴りも結構良いので何の文句もない。
鈴木 勲「BLOW UP」の1曲目
これがビブラントXに負けず劣らず良い鳴りなのだ。弦の軋み感と言うか、とにかくリアルな音がする。ゴギゴギと凄みを持ってバスが迫る。


クラプトンの2曲目
この音の固まらず離れた出方は快感。音は離れると自由に伸び伸びと自分の居場所を提示するので、それを邪魔しないという感じ。コーラスの美しさとハーモニーにも聞き惚れる。


《PS》何だかんだと欠点を探そうとしたが全てに渡って最低でも80点以上を叩き出しているので何も言えない。結論として優秀なケーブルである事が証明された。

一品限り


SG2.15W(Vibrant-ETC Cable)1.0mペア