Watson Standard Panspermia (1mPair)

商品コードpanspermia
価格¥180,500(税込)
ポイント1
在庫 なし
数量  

Watson Standard Panspermia (1mPair)

商品説明
Watson Standard Panspermia (1mPair)

Panspermia


WATSON STANDARD系Panspelmiaは75%が英国系Vintage材料によって作られています。WATSON STANDARDではHOT側は全て共通でGND側の違いによって個々の音色が作られています。


PanspelmiaではMASONRYスタビライザーが中央に備えられその両脇にアンシンメトリーに磁性体線材がRCAプラグまで伸びています。

一方の1890年製スタビライザーは微量の使用により低域と中低域に効果域が分けられています。

構造的類似としてはWATSON Prokrisの右側と共通点がありその違いは唯一、1890年製スタビライザーの有無にあります。

このPanspelmiaの音の渋さと旨味は改めて"銅"が暖かさと音の厚みを演出しています。  

 

Panspermia
左右よりも前後の拡がりが大きい。しかも、手前に拡がった音場の中にリスナーの頭が入った状態に感じる。そのため、ミックスで前方に振り分けられた音が、リスナーの耳の左右に定位して頭の周りにまとわりつくような聴こえ方をする。

しかも、前に出てくる音がとても大きく聴こえ、実体感がある。それゆえ、後ろに定位する音との間のコントラストが際立つのかもしれない。中低域および低域が、他の音域と混濁せず良く出ている。特にギターの低音弦やホーンが良い。

あたかも、自分がバンドメンバーと同じステージ上にいて、その中(ドラマーのすぐ目の前あたり)で演奏を聴いているかのようだ。高反発素材で作られた大小色とりどりの『音のゴムボール』が飛び出してくるかのようだ。

中低域がとても濃い!ネットりしてる。シンセや管楽器の白玉やリバーブに、軽いトリップのような感覚を覚える。金物の音量は少し控えめだがエッジがするどく、ほんのわずかにディストーション感がある。不良の匂いがするw。
アンビエント、テクノ、音響系もハマります。

カラフルな音のスクラムが前に前に!ラッシュに酔え!

Watson Standard Panspermia (1mPair)

Watson Standard Panspermia (1mPair)画像