Epilog(RCA)1.0mペア

商品コードepilog
価格¥210,000(税込)
ポイント1
在庫 1 ご注文はお早めに。
数量  

Epilog(RCA)1.0mペア

商品説明

Epilog(エピローグ)はParamofm-nund(略称:パラモフ)以降の第三世代ETCケーブルの2作目です。非常にバランスの良い仕上がりとなりました。私はこのケーブルが何しろ大好きです。

《構造》
HOT側3Way、GND側5way(合計使用本数7本)、センタースタビライザー仕様です。勿論、全て単線です。GND導体はノーマルチューンですが、スタビライザーはETCチューンになっています。帯域別のETCはHOTで行っており超高域に行くにつれて広がりが増すように設定しています。



メロディ・ガルドーの場合


7曲目を聴いた感想です。音がスピーカーから出ているというよりもSPの前に実際にリアルに楽器や演奏者が実在するような感覚です。それほど自然に音が出ている感じです。やはり大抵は箱の中にあるスピーカーというトランスデューサー(変換器)から音がモゴモゴと出てくるという感じですから、これはある意味奇妙な感覚です。でもそれはスピーカーからこんな音が出るわけ無いという思い込みから来る違和感なので、その前提を取り下げると生々しい演奏者たちがただただ目の前に居るという現象、それは自然そのものの雰囲気なのです。これをどう思うかは人それぞれだと思いますが私はウェルカムです。
いよいよTMDワールドは新たな領域に入っていく予感がこのケーブルから始まった気がしましたので、あえてEpilog(エピローグ)という名前を付けて一旦これまでとは一つの一区切りを付ける事に致しました。
 

Epilog(エピローグ)で寺島セレクション

 


9曲目です。 
シズル・シンバルの響きが恐ろしいほど現実的にそこに鳴っている...。そしてそのシズルのシリシリ・・という余韻の長さがいつもよりずっと長い..  つまり末尾の末尾まで消えずに聴こえているという驚き。
シンバルはこのケーブル内にKGB味が含まれている為かスパイスが効いて心地良さ満点。音量が小さくても大丈夫、ちゃんと聞こえます。音が小さくてもリスナーに届く感動のサイズは原寸大。このケーブルの凄さは裏方であの手この手を尽くして仕掛けを施しているのに、表面にはそれを全く悟られることなく堂々と演技してしまう名優の演技のようです。

マイクヒックスの場合

 


マイク・ヒックス2曲目
音の出方が淀み無い...SPに引きずられるような音の出方ではなく元々そうあるように出てくる。録音の仕掛けも一切残らず出てくる。ケーブル一本を変えただけなのに、その音の変化はオーディオ機器を2〜3個一度に変えたレベル!!!。この激変ぶりには驚きます。
 

モニターリファレンスという言葉には憧れを抱きつつも、冷徹で無味乾燥な音は嫌だ..という人にとって最高のケーブルです。このRCA CABLEはETC系第三世代としては究極系で、KGB種以外のETCとしては最高峰に位置します。

Epilog(RCA)1.0mペア

Epilog(RCA)1.0mペア画像
ショッピングカート
カテゴリーから探す