BELIESA 144(RCA)1.0mペア

商品コードbeliesa144
定価¥128,000
価格¥59,000(税込)
ポイント1
在庫 1 ご注文はお早めに。
数量  

BELIESA 144(RCA)1.0mペア

商品説明

BELIESA(ベリーサ)144は完全な仕様のETC CABLEです。また第三世代のETC技術も一部採用され進化したETCの世界を味わうことができます。特に低域をサブ・ウーファー帯域と動きのある快活な中低域の二つに分け、干渉し合わないような設計になっています。構造的にはGND側は6wayになっていてスーパーローからウルトラ・ハイまで出ます。そしてHOT側は2Wayで線径の差はオープンぎみにとっています。線材は欧州系とアメリカ系をMIXしています。重低音を担う導体路には余分な中〜高域が出ないようになっております。
不思議なものでこのようにETCが進化するに従い元々、音源にあった音がようやく本来の姿を復元できて来ているような気がしています。BELIESA(ベリーサ)では軽快なウッドベースの音と、深々としたクラシックの低域、そのどちらも再現できます。


音質チェック


初めはメロディ・ガルドー「アブセンス」7曲目から行きます。このアルバムは何故か超微粒子的な鑑賞及び空間的な広がり特性をチェックできる稀有なもの。
出音の中での静粛性、あたかも良くできた3ナンバー車の車に乗っているかのような深々とした安定性がまず良いポイントですね。車で例えるなら滑らかな走り、そのようなものを感じます。本格的なETC特有の広がり感、それでいて中身が詰まっているこの音世界に浸ったらもう普通のケーブル空間には戻れないだろう..と思わされます。時々、奥行き方向にてハッとさせられるような音像定位に気づき、録音に練りこんであるこのような仕掛けは悉く体験できるので同じCDでも楽しめる箇所が増えたように感じますね。解像度感を感じさせてくれる音の提示の丁寧さ、細やかさ・・決して乱暴ではない語り口等々...正にベリーサ独自の音世界が広がります。そして忘れてはなりませんが、これら全ての表現、そして能力があくまでもナチュラルな雰囲気の中にあること。誇張されず不自然にならず、あくまでもさり気なく..、これはかなり凄いことかも..。

寺島さん編集の、このアルバムは最近の試聴ソースの中で、光っております。9曲目は名曲「オーバー・ザ・レインボウ」ですが、イントロはシンバルのレガートから始まります。聞き所はやはり各楽器の描写力や存在感、そして解像度などです。
シンバルの余韻が長い。音の当たりは柔らかなのに、余韻を聞き取れる時間は予想以上に長い。余韻が聞き取れるということは当然、他の音も同時に鳴っているのだから、要するに聞きたい音に集中する時にそれ以外の音に邪魔されないということなのかもしれない。オーディオに於ける瞬間瞬間の楽しみ方は生の演奏のそれとはやや趣が異なり、同時多数の音をスイッチを切り替えるように・・または全てを全部受け入れて..聴く、この二つが自在にできないと面白くない。これは演奏のハーモニー性の体感なのかもしれない。ライブだと奏者が直に居るし、ざわめく他の客も居るからオーディオよりも他の事を考えてしまいがちだ。オーディオ体験の良さは、もっと顕微鏡的に演奏の中に埋没して各部を自在に感じ取る事だ、さて、このマスキングされない良さはピアノでもそう、他の音に邪魔されない。KGBとはまた別のテイストの味わいでどちらかというとオーガニックな感じ。とにかく低域のかぶりが少ないというより無いのでこのケーブルでピアノトリオを聴くという愉悦はかなりのもの。ナチュラルでいて解像度や定位の確かさを得たいならばこれだろう。もうとにかく自然な分解能が物凄い事になっています。

 

新譜の寺村容子トリオ「BLUE」(寺島レコードTYR-1048)の13曲目、この曲でのオーディオ・チェック・ポイントはちょっと早めのラテン風なドラムに乗るピアノの音の骨格が如何に表現できているか? 形が曖昧ではないか?打弦は伸びているか?等々.。
この曲はスタインウエイのグランドピアノの音をまず体感すべしで、、その重厚な響きがこちらに迫って来ないなら失格とも言える。それでこのケーブル。ベリーサはその骨格の太さが圧倒的。これはこれは豪華な気分になれるケーブルだ。アメ車で言えば良き時代のキャデラックやビュイックのサルーン・カーの乗り心地と言えば良いのだろうか。しかも濁らず粒立ち抜群のピアノの打弦音。シンバルの金属面へのタッチ感もありあり。

 
今回はどういう訳か車で例える事が多くなりました。「乗り心地」「滑らかさ」「静粛性」「サルーンカーの乗り心地」等々、ベリーサ144は本格的なETCケーブルなので全く手の抜いたところが無いのが申し訳ないぐらいで、あぁそれなのにプロトタイプは原価+αで出すという事を決めたが故にTMDはともかく、お客様は喜ぶという図式になっています。これまでのTMDケーブルには無かった低域のかぶりの無さは視界良好の爽快ドライブと言えます。


BELIESA 144(RCA)1.0mペア

BELIESA 144(RCA)1.0mペア画像