N-Sound Artmen2(RCA) 1.0mペア

商品コードartmen2
価格¥88,000(税込)
ポイント1
在庫 1 ご注文はお早めに。
数量  

N-Sound Artmen2(RCA) 1.0mペア

商品説明

Artmen2とは______________________________________
アートメン2は2016年2月に作られたN-SOUNDの高性能ケーブルです。
N-SOUNDのH・Nはアートメン1の更に進化版を作ろうと2を設計しました。
その結果、完成したのがアートメン2です。
アートメン2は1の設計手法を取り入れながらも異なるサウンド、トーンを
持つものとなりました。製作そのものも少しだけシンプルになった為にコストも
抑えることができました。アートメン2は今後のN-SOUNDの中核的存在になります。


音質チェック



アートメン2は寺島セレクションをどう鳴らしたか

 9曲目

冒 頭のライドシンバルの余韻が左右に流れていく様子が物凄く実写型にリアルに聴き取れます。この感覚がまずリアルで驚きます。またシンバル毎の直径が明確に わかるようなサイズ的な解像度の優秀さがあります。これ程の忠実度はこれまでのN-SOUNDには無かったもので、アートメン2で始めてこの領域に到達し た感があります。TMDの方の超優秀なケーブルと全く同レベルです。またポーンと立ち上がる何気ないBASSの一音もとっても雰囲気があるものです。しか しながらこのシンバルの音は全N-SOUNDケーブル中、出色だと思います。とにかくその余韻やシズル・シンバルのシャリ・リ・リ・リ・リ・・・・.........というような繊細極まりない音が気持ち良さの真髄なのです。その美しき余韻に浸れるだけでも嬉しいですね。そして音の彫刻的な彫りの深さも魅力的で光の当たった所から陰影に至るまでの正にギリシャ彫刻のような雰囲気に圧倒されます。


メロディ・ガルドーの場合

 


これまた余韻の消え際の最後の最後までを何の障害も無く見事に聴かせます。この5曲目は特有の左右から鈴のような繊細な音がステレオでシンシン・・シンシンと響いてくるのですが、ただ鳴るだけでは面白くないのですが・・そ の繊細さが際立っている所が素晴らしいのです。低音も深く沈み込みます。ハイエンドらしい音は超高域と下の下の低域が、芳醇な中域と共に出てくれるところ にありますが正にそれがこのケーブルで実現しています。殆ど欠点というものが、その音からは見つけられません。力強く、かつ繊細という、通常は成り立たな い現象がここで起きています。元々N-SOUNDのケーブルは力強さと若々しさが特徴でしたがそれに加えて超繊細な表現も多重にこのケーブルでは実現して います。N-SOUNDの左右構造の異なるケーブルはまだ数少ないのですが・・それはTMDブランドのETC構造とはまた異なるのです。そこが面白いところで、それぞれに良さがあるようです。それにしても左右構造の異なるケーブルという分野は未来のオーディオケーブルでは常識となりそうな数々の可能性を秘めていて、このアートメン2でもその定位、解像度の素晴らしさに加え力強さがあります。その力強さが過剰にならないところに絶妙のバランスを感じます。


マイクヒックスの場合

 

このマイク・ヒックスさん、このアルバムを聴いていて、どんな人なんだろうと少し調べてみたら・・何と世界でもトップクラスと言われるミドルテネシー州立大学のレコーディング学部を卒業した方なんですね!

どうりで録音が凝っていると思いました。
さ て、2曲目ですが・・その空間の拡がりや四方のBOX 提示が、かしっとリアルに再現されています。録音物を再生した時に音像空間が構築されますが、それがふにゃふにゃと霞のようなものでは全く物足りず、この ケーブルのようにリアルに出てくると満足できるのです。タムタムの音が良い音です。私はドラムを叩いていましたのでタムタムの音が良いと頬が緩みます。 ボーカルが出てきてからの解像度の高さは霧が一気に晴れたような爽快なものです。声の鮮度の高さは異常な程で、これが普通程度に出ていてもそれでは録音意図的にはダメなんですね..。中低域から低域にかけての滑らかなつながりも自然この上なく作られたサウンドという気がしません(本当は作り込まれているん ですけど・・)。そして全くうるさく感じません。これは見事と言うしかありません。


クラプトンを聴く

 

このアルバムの1と4曲目を聞きます。1曲目は指のスナップ音(指パッチン)が聞きものなのですが・・左と真ん中に交互に出てくるのです。これが通常の左右 同一のいわゆるノーマル・ケーブルではその定位が判然としないのです。ETCやこのアートメン系ではその音の移動が明確なのです。この優秀さはTMDの ETC系の最良なものと全く同次元です。クラプトンのボーカルはやや前の方に出てきて力感があるので男らしさを感じます。コーラスの分厚さも快感度の高い もので、別にクラプトンはオーディオファンの為にこのアルバムを意図したわけではないでしょうが、実にオーディオチェックに適したアルバムです。話を戻し ますとコーラスは分厚く濁りが少ないもので文句なしです。

4曲目はバラードですが、ボーカルが抜群に良いです。子音の表現も絶妙で彼の切ない心情がハートウォームに伝わって来る音です。中域の力強さがあり全体としては見事なバランスと言えます。

 


現在、N-SOUNDの中で最も万能で優秀な音のケーブルです。どのようなソースを聴いても素晴らしく、正しく世界最高ランクのケーブルと断言できます。 

N-Sound Artmen2(RCA) 1.0mペア