Polar(RCA)1.0mペア

商品コードpolar
価格66,000(税込)
ポイント1
在庫 1 ご注文はお早めに。
数量  

Polar(RCA)1.0mペア

商品説明


Polar(ポラール)の 内部構成はGND側に極性(方向性)があります。通常のTMDケーブルは不要な極性を作らない為に中央を起点として左右対称に制作してあります。しかしな がら本ケーブルでは敢えて極性(方向性)を設定する事で生じる長所を生かした設計を行いました。スタビライザーは中央ではなく片側に寄った付近に取り付け られ、そこから末端までは7本の厳選された単線のMIXで繋がります。一方、反対側は3wayの太めの単線でスタビライザーからRCA端子に繋がります。 HOT側はジェニオス同様、2 Wayの構成になりますがLRの構成は敢えて違いを持たせてあります。本ケーブルは最近何かと注目しているジェニオスのバリエーション版なのですが、極性 を積極的に音作りに活用した作品なのです。その結果の音質はなかなかに興味深いものとなりました。


アンジェリック・キジョ Black Ivory Soul  3曲目
非常に優秀な再現性、やや枯淡な境地風にも聴こえるが良く聴くと余分な物が削ぎ落とされたようにも聴こえます。



メロディ・ガルドー アブセンス 5曲目
強力に拡大する空気感。これはETCの一つの特長だが、このケーブルは中央がナチュラルなまま、それが起こるのが驚異的。音のキレの良さと暖かく包まれるような空気感が共存する有り難さ。



鈴木重子 クローズ・ユア・アイズ  1曲目
このケーブルの一つの特長である低域の「低域感があるように鳴る」様は一種の特技。確かにケーブル全体の重量も軽い方で長大なスタビライザーも敢えて装備していない。なのにこの豊かな低音感は何処に由来するのだろう。また全てがニュートラルであるの に音のそれぞれの立ち上がりや「有り様」はもっともらしく、鳴るのが凄いのであります。ケーブル設計の謎を垣間みた経験。ピアノが美しい。



Eric Clapton – clapton chronicles 1曲目
この曲に於いて、このケーブルの生まれた理由がわかりました。表現するのが難しいのですが、SPの中央に 1.5〜2mぐらいの直径の球形のふんわりとした空気感が現れ、それが暖かく懐かしく聴く者を包み込むのです。そして音は在るように在り、そして 低域の豊かさも特長。クラプトンのボーカルは中央に屹立し真実の声を伝えます。全ての音は始めて聴いたかのように誕生し心に常に新鮮に届くのです。至福のひととき。



The Happenin'Misha Piatigorsky Trio 7曲目
適度な肉厚さと軽快なフットワーク。音と音の音離れはかなり気分よく分解能、解像度も最高ランクといった感じ。リアリズム溢れる次元なのです。



クラプトンのクロニクルの13曲目"リヴァー・オブ・ティアーズ "を聴いて欲下さい。このケーブルの真価がわかります。バラード系ボーカルに於いてこれほど好ましいと感じたケーブルはありません。歌がSPの中央にスッと立つこの定位感が見事。
歌が深く心にしみ入ってきます。
低音も魅力です。


Polar(RCA)1.0mペア